未来に、自分が在りたい姿を想像する

在りたい姿を想像する

あるべき姿、は誰かが決めたもので正しいのかもしれませんが、長い時間を経ると想いとは異なる道へと進んでしまうことが多いです。自分の在りたい姿・理想の未来を想像し、そこに向かって行動していくことが大切です!自分ではなかなか想像する作業が難しい場合も多いです。しかしながら、そこを蔑ろにしていては小手先の技術に頼ってしまうことになりかねません。スキマグラフではこの想いこそ最も大切にすべきことと位置付けているので、パートナーのプロコーチをご紹介します。ご遠慮なくご相談くださいね!!

PRO COACH │せきまりこさん
【コーチング・セッション】
「HAPPINESSハピネス」


3秒先の表情の、「未来」が読めます

内海信仁 -人専門・映像アーティスト+保育士-

幼少期から親の顔色を伺って育ち、幼稚園教諭として子どもの表情に注視する毎日。僕の人生で人の「表情」を伺うことは日常だったのです。結婚を機にウェディングビデオカメラマンとして年間100件の映像を制作し10年勤務。ブライダルの撮影の中で、ある日、人が「笑う」瞬間がわかるようになったのです。自然な表情を捉えることで、喜怒哀楽を映像で表現する、という独自の撮影スタイルを確立、ブライダルビデオの感性とスピードをプロモーションビデオに応用し、ブランディング化に成功しました。
2018年に「Sukima graph スキマグラフ」として起業
2020年に「Sukima ism LLC」として法人化
やらなきゃいけない、よりも「ワクワク」する気持ちをいちばん大切にしながら、年間100本の映像制作と15サイト制作を、ワンストップ・ひとりで行っています。趣味はパデル。

NEXT_どこで発信していくのか?

TOP